6月新作情報

デ、アトリエ劇研舞台芸術祭に参加させていただきます。
 

公演専用ホームページ


『もうこれからは、何も』戯曲一章

デ・6
アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品

『もう、これからは何も』


脚本・演出 市川タロ
出演 菅一馬、玉城大祐、日種春華、古池俊輔、前田愛美

 986828_531695083607753_443894794_n.jpg

2014.6.12thu - 16mon
12(木) 19:00 -
13(金) 19:00 -
14(土) 14:00 - / 19:00 -
15(日) 14:00 - / 19:00 -
16(月) 14:00 -

<h2>アトリエ劇研(地図)</h2>
前売・当日共 2000円

携帯からの予約はこちらをクリック!

[PR] ドレスレンタル 大阪 Facebook婚活 結婚式 二次会 ikea 通販

人生は演劇ではないし、人生は劇的なものではない。
誰だったかの本で誰だったかの言葉を引用して次のように書いていた。
「詩と詩でないものの間に生きるわれわれを、詩に駆り立てるものはむしろ、詩でないものだ」。
詩でないもの。僕たちの生きるすべての日々は詩ではない、そう言ってしまっていいと思う。
それを詩にすることはできるかもしれないが、それ自体が詩ではない。
詩は毎日の外にある。 逃げること。
演劇ではない、劇的ではない、生活という場所から逃げ出そうとすること。
毎日の外側に立とうとすること。
”existence”(存在)が、”exi”(外へ)”stance”(立つ)だとすれば、
演劇は僕たちが存在することを試みることに他ならない。

僕たちは存在することができるのだろうか。
未だ存在したことのない僕たちが、そこで存在することは許されるのだろうか。
試みること。耐えず、試み続けること。